2月

28

カラートリートメントでする白髪染めのコツ

頭皮に優しいカラートリートメントで白髪染めをする場合、最も多く聞こえてくる声といえば、それは染め上がりが悪いということです。

カラートリートメントの場合、一般的な白髪染めであるヘアカラーとは髪を染める仕組みが全く異なります。

ヘアカラーは一気に髪を染上げますが、カラートリートメントの場合は、少しずつ髪の表面に色を付けていくものなので、一回ではほとんど色が染まっていないという人も少なくありません。

連続することで髪は徐々に染まっていきますが、それでも仕上がりに納得がいかないという人もいるようです。

そんなカラートリートメントですが、ちょっとしたコツを知っておくと髪をきれいに染めることができます。

まず、一回でできるだけ髪を染めたいという場合、シャンプー後の使用ではなく、シャンプー前の乾いた髪に塗布をしてください。

特に染まりにくい根元の白髪にはしっかり厚めに塗布すること、コームなどをつかって細かい部分にもしっかり塗布しましょう。

一回の寮が少なくて髪が染まっていないという人もいるので、たっぷり使用してみることをおすすめします。

カラートリートメントを塗り終えたら、ラップで髪を覆って放置します。

ヘアカラーの時にするコツをカラートリートメントの時にも採用するとやはり染め上がりが良くなります。

特にかゆみなどが無ければ長めに放置するとより色がつきやすくなります。

洗い流す時は、まずはお湯だけでしっかり色が出なくなるまで洗い流す様にしましょう。

アミノ酸系のシャンプーなどを使うと洗いすぎずに一度で割ときれいに色がつきます。

Posted in カラートリートメントのコツ | コメントは受け付けていません。

Comments are closed.